びわ茶の癌予防効果とは!?

びわ茶の効能で特に注目されているのが「癌の予防」です。
なぜ癌予防に効能があるのかと言うと、びわ茶に含まれる成分「アミグダリン」にあります。

アミグダリンは、「ビタミンB17」とも呼ばれており、癌予防に有効とされています。
その裏付けとして20カ国以上で癌の治療薬として使われてもいるのです。

このように、びわ茶にはアミグダリンが含まれているので、
癌予防に効能があるとされているのです。

癌予防に有効なアミグダリン

ちょっとアミグダリンについて詳しく調べてみました。

調べた結果によると、アミグダリンは米国の大学教授らによって多くの研究がされていて、
日本でもアミグダリンの実験がされているようです。

日本での実験ではアミグダリンによって、
ガン細胞のほとんどが死滅することが立証さているらしいのです。

さらにアミグダリンは、健康な細胞の活性作用や鎮痛作用もあるとして、
抗ガン治療に優れている天然物質として注目されているとのことです。

まとめますと、アミダグリン(ビタミンB17)には、

・ガンを死滅させる抗ガン作用
・正常細胞を活性化させる作用

があるので、癌予防にとても効果的と言うことなのです。

(※個人で調べた結果なのでアミダグリンについて間違っていたらスミマセン)

<< びわ茶の3大効果 | トップページ | びわ茶のダイエット効果 >>

どうせ飲むなら”ねじめびわ茶”がイイ!

びわ茶はドラッグストアなど、どこでも購入することができますが、「ねじめびわ茶」には市販のびわ茶にはない優れている特徴があるのです!”ねじめびわ茶”についてはこちら>>